彼氏や彼女の身内が亡くなった時にかけるラインでの言葉は?

当ページのリンクには広告が含まれています。

大切な人の身内が亡くなった時、どう声をかけていいか悩むことってありますよね。

悲しみに暮れる大切な人を、あなたはどんな言葉で支えればいいのでしょうか。

特にラインでメッセージを送る場合、どんな言葉を選べばいいのか迷うものです。

この記事では、彼氏や彼女の身内が亡くなった時にかける言葉として、LINEで使えるメッセージのポイントや具体例を紹介します。

また、避けた方が良い言葉や、気を付けてほしいことなども解説していきますね。

この記事でわかること

彼氏・彼女の身内が亡くなった時にかける言葉の基本

ラインでメッセージを伝える際の注意点

かける言葉の具体例と例文

香典は渡すべきか

目次

彼氏や彼女の身内が亡くなった時にかける言葉の基本

まずは、彼氏や彼女の身内が亡くなった時にかける言葉の基本を押さえましょう。

シンプルで心のこもった言葉を選び、相手の気持ちを最優先に考え、自分の感情を押し付けないこと。

シンプルで心からの言葉を選ぶ

難しい言葉や長いメッセージは必要ありません。

シンプルで心からの言葉が一番です。

まずは「大変だったね」「つらいね」と、
恋人の気持ちを労る言葉をかけてあげてください。

丁寧な言葉遣いを心がける

普段のカジュアルな言葉遣いではなく、少し丁寧な言葉遣いを心がけましょう。

丁寧な言葉遣いを意識することで、相手に対する敬意が伝わります。

相手の気持ちを第一に考える

今、彼氏や彼女がどんな気持ちでいるかを考えてみてください。

無理に元気づけようとするのではなく、その悲しみに寄り添う言葉をかけてあげてください。

「悲しい時は無理に元気にならなくていいんだよ。」
というように、相手の気持ちを大事にするメッセージを送りましょう。

彼氏や彼女にラインで伝える際の注意点

LINEでの連絡は、手軽な反面、短文であるがゆえに気持ちが伝わりにくいことも。

そこで、彼氏や彼女にラインで伝える際のポイントをみていきましょう。

落ち着いた丁寧な言葉遣いを心がけ、スタンプや絵文字は控え、送るタイミングを考え、返信を強要しないことを意識してみましょう。

スタンプや絵文字は避ける

普段の会話でよく使うスタンプや絵文字も、このような時には控えるのがベターです。

文字だけのメッセージで、真剣な気持ちを伝えてみましょう。

シンプルな文章を伝えるだけで十分です。

自分の感情を押し付けない

この時期に、自分の経験を話すのは避けましょう

「私も同じ経験があるから分かるよ。」
と言いたくなるかもしれませんが、今は相手の気持ちに寄り添うことが一番です。

自分の感情を押し付けず、相手の気持ちを優先しましょう。

避けるべきフレーズ「大丈夫?元気出してね。頑張ってね」の言葉が持つ意味

「大丈夫?元気出してね。頑張ってね」の言葉。

かけたくなる気持ちは自然なものですが、大切な人を亡くした悲しみは計り知れません。

「大丈夫」と簡単に割り切れるはずもなく、かえって相手に気を遣わせてしてしまうことも。

また、「頑張って、元気出して」という言葉は、
相手を励まそうという気持ちからくるものですが、
深い悲しみの渦中にいる時に、前向きに頑張ろうという気持ちにはなれないものです。

相手にプレッシャーを与える可能性がある言葉は気をつけたいですね。

それよりも

「どんな言葉をかければ良いか迷うよ」
「何かできることがあったら教えてね」

と、あなたの率直な気持ちを伝える方が、
相手に寄り添う姿勢が伝わると思います。

【避けるフレーズ】

  • 「頑張って」
  • 「気を強く持って」
  • 「何とかなるよ」
  • 「大丈夫」
  • 「元気出して」

タイミングを考える

メッセージを送るタイミングも重要です。

あまり頻繁にメッセージを送ると、相手に負担をかけてしまうことがあります。

適切なタイミングで、心からのメッセージを送るようにしましょう。

深い悲しみの中では、LINEよりも電話や直接会って気持ちを伝えられたら良いですね。

返信を強要しない

返信を期待しないことも大切。

大切な人を亡くした悲しみは、計り知れません。

相手がすぐに返信する気力がない場合もあります。

「返信は急がなくていいよ」
「無理しないでね」

と、まずは気持ちを楽にしてあげましょう。

深い悲しみの中、返信に追われるのは辛いものです。

LINEなどでのやり取りも、相手を気遣い、自分のペースで大丈夫だということを伝えられると良いですね。

焦らず、ゆっくりと寄り添う気持ちがあるとよいですね。

彼氏や彼女の身内が亡くなった時にかける言葉の具体例と例文

ここでは、彼氏や彼女にかける言葉の具体例を紹介します。

シンプルな励ましの言葉や気遣いのメッセージ、思い出を共有する言葉、後日のフォローアップメッセージなど参考にしてみてください。

シンプルな励ましの言葉

シンプルな言葉が一番心に響くこともあります。

「大変だったね」
「辛いね」

はもちろん、無理に言葉を紡ごうとせず

「辛い時期だと思うけれど、無理しないでね。」
「心よりお悔やみ申し上げます。」

といった短いメッセージなどで伝えてみては?

大切なのは、形式的な言葉ではなく、あなたの気持ちを伝えること。

相手を思いやる気持ちがあれば、きっと伝わるはずです。

無理に言葉にする必要はありません。
「つらいね」「悲しいね」と、気持ちを代弁するだけでも十分温かい言葉になります。

気持ちを込めた短いメッセージでも、きっと彼氏・彼女の心に届くはず。

気遣いのメッセージ

相手を気遣うメッセージも大切です。

「何かできることがあれば、いつでも言ってね。」
「大変な時だと思うので、お身体を大切にしてください。」

など、相手のことを思いやる言葉を送りましょう。

後日のフォローアップメッセージ

最初のメッセージだけでなく、後日フォローアップすることも忘れずに。

「少し時間が経ちましたが、どうしていますか?」
「何か困ったことがあれば、いつでも連絡してくださいね。」
「落ち着いたら、お祖父様の思い出話、聞かせてね。」

など、温かいメッセージを送ってあげてくださいね。

彼氏や彼女の身内が亡くなった時に香典は渡すべき?

彼氏や彼女の身内が亡くなった時、お香典を渡すべきか迷いますよね。

香典を送るかどうかは状況により異なります。

  • 恋人との関係や故人との関係の深さ
  • 地域や宗教を確認する
  • 恋人がいらないと言っていないか

これらのポイントをおさえて、香典の必要性を確認し、送る際のマナーや注意点を押さえましょう。

お通夜や葬儀に参列する場合は、基本的にはお香典を渡しますが、ここでは参列しない場合のパターンで考えていきます。

香典の必要性を確認する

まずは香典が必要かどうかをお相手に確認しましょう。

地域や宗教によっては、香典が必要ない場合もあります。

まずは、彼氏や彼女に聞いてみて、香典が必要かどうかを確かめてみましょう。

香典を送る際のマナーと注意点

香典を送る際は、マナーをしっかり守たいですね。

お通夜や葬儀のタイミングで送るのが一般的ですが、タイミングを外さないように気をつけて。
直接渡すのが難しい場合は、現金書留で送ることもできますが、その際には手紙を添えると良いでしょう。

香典袋には正しい表書きをし、適切な金額を入れましょう。
一般的な相場は5,000円から10,000円です。

故人との関係が深い場合は、少し多めにすることもありますが、あまりに高額だと相手に負担を感じさせることがありますの注意してくださいね。

まとめ

彼氏や彼女の身内が亡くなった時にかけるラインでの言葉について、基本的なポイントと具体例を紹介しました。

シンプルで心からの言葉を選び、相手の気持ちを最優先に考えることが一番です。

また、香典を送る際には、必要性を確認し、マナーを守ること。

適切な言葉で、少しでも相手の支えになれれば良いですね。

PR

恋愛の悩みならココナラの電話相談がオススメ

初回3000円クーポンあり!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次